突然現る!長身の少女!!

DSC_0329.JPG

2月1日
『私は、南山国際高等学校の三回生です。どうかチャンバリンの事をレクチャーして下さい。』と、片言の
無表情でたのまれた。
聞くところによると、彼女はポーランドから帰国したらしく、卒論のテーマが(世界の寺)とのことでリポートしにやって来たのだった。
私は、日本の文化をよく知らない
彼女に理解をさせるのに至難の技を
要した。
しかし!せっかく縁あってチャンバリンに来たのだからブッダの手前、落第させる訳にはいかないので、合格できる範囲でレクチャーをしてあげたのだ。
一時間コースで、メモった愛ちゃんは元気に『サンキューソーマッチ!!で〜す』と(*^o^)/\(^-^*)笑顔になって帰ってった♪

Leave a Reply